軽くて長持ち!なフライパンを3年間使い続けようやくおニューなフライパン登場の巻

田舎の台所、フライパンのある風景台所用品

主婦(主夫)にとってフライパンは台所用品の中でもトップレベルの相棒。
たとえパートナーと会話をしない日があってもフライパンを使わない日はないぐらいであります。

しかし自分にピッタリなフライパン選びというのがなかなか難しい。

ちなみに私は鉄製フライパンとテフロン加工などのフライパンを使っていますが今回は一生モノとも言われる鉄製フライパンではなくてテフロン加工などのフライパンのお話です。

実際に私自身今回紹介するフライパンに出会うまでは平均で1年、ひどい時には3か月くらいでフライパンをとっかえひっかえしておりました。

それが今のフライパンに出会ってからは3年目間使い続けようやく次のおニューなフライパン(同じフライパン)にチェンジという長持ちっぷり。

そのフライパンとは?

スポンサーリンク

軽くて長持ち!なフライパンの正体とは?

軽くて長持ち、3年間の酷使にも耐え抜いたフライパンの正体とは北陸アルミのセンレンキャスト28cmであります。

「これが長持ちするフライパンだ」とか「コスパがいいフライパン」とかで良く紹介されているのでご存知の人も多いかな?

北陸アルミこと北陸アルミニウムのセンレンキャストはアルミニウムとマグネシウムの合金製です。
内面は最高級のコーティングとされるプラチナプラス加工が施されているため非常に耐久性に優れています。
また底にはリップウェーブ加工という熱伝導率を高める細工がされているので焼ムラが起こりません。
詳しくは北陸アルミニウムさんの公式サイト「ハウスウェア部門」をご覧下さい。

もうひとつ嬉しいのがアフターサービスが非常に整っているという点です。
さすが「安心・安全・信頼の日本製」。←北陸アルミニウムさんのキャッチコピーであります
モデル製品の製造終了後でも5年間は部品の交換や補修用部品に対応してくれるのです。

気に入ったものだからこそ長く使い続けたいという気持ちに応えてくれるメーカーさんって本当にありがたい。

北陸アルミ センレンキャストの使い心地

我が家はガス火でありまして朝に夕に直火でガンガン使いまくりました。
いやもう本当にお疲れ様と感謝の言葉を贈りたいほど3年間使いました。

しかし使っても使ってもツルンなのです。
焦げつかないのですよね。

しかも軽い。
先ほど鉄のフライパンも使っているとお伝えしましたが重量感がまるで違います。
特に半ば寝ぼけた状態で調理をする忙しい朝の支度の時にこの軽さというのは大きな魅力です。

北陸アルミのセンレンキャストフライパン28cmの重さは690g。
様々な物の重さを紹介しているサイトによると週刊少年ジャンプ1冊と同じ重さです。

ちなみに愛用の鉄製フライパンの重さは2㎏。
・・・腕のトレーニングには鉄製フライパンをおすすめします。

北陸アルミ センレンキャストフライパンの泣き所

北陸アルミセンレンキャストフライパンの使い勝手がとてもいいということをお伝えしたからにはデメリットというか泣き所もお伝えしなくてはなりませんね。

北陸アルミのセンレンキャストフライパンの側面・底は鏡のごとくにピッカピカです。
正直に言って朝、鏡代わりにフライパンで顔チェックしたこともあるほどピッカピカです。

しかしキレイだからこそ汚れが目立つ。
もちろんガス火とIHでは違うだろうし使い方や洗い方でも差が出るだろうけれど。

↓新品

↓3年間使用後

側面というか底の写真ではありますがご覧の通りです。
言い訳するようですけれど毎回使用後にはきちんと側面や底も洗っていまし・・・た。←信ぴょう性低い?

ついにフライパンの替え時

手入れをすれば一生モノの鉄製フライパンと違いテフロン加工などのフライパンはどうしたって寿命がやってきます。
一般的なフライパンであればテフロンがはがれて焦げつくようになったらそろそろ替え時のサインです。
焼きそばがフライパンにくっつくようになったら替え時とも聞きますね。

私も今まではそのサインに従い買い替えてきました。

しかしさすがというか北陸アルミニウムのセンレンキャストフライパンの場合、優秀すぎて(個人の感想です)替え時が難しい。

というのも↓こちらをご覧下さい。

一見すると多少ハゲかけた場所があるものの十分に通常使用には耐えられる状態。

しかしながら↓このように

フライパンのおよそ3分の1部分のみが非常に使いづらい状態。

このようなフライパンで餃子を焼くとどうなるかもうおわかりですね。

フツウの部分では今まで通りキレイに焼きあがります。
しかしストレス部分の餃子は見事に餃子のウリである皮が全部ぜ~んぶフライパンに持って行かれちゃう。

もうお母さん皮のない餃子を食べるのはイヤ・・・で、ついにおニューの北陸アルミニウムのセンレンキャストフライパンを注文いたしました。←まったく同じフライパン2個め

今はまたピカピカのフライパンが毎日大活躍してくれております。

おしまいに

北陸アルミのセンレンキャストフライパン愛を熱く語ってしまいました。

テフロン加工などのフライパンは油は火をつける前に入れる、中火以下で使用する、熱いフライパンをすぐに冷水にジュっとつけない、等の正しい使い方をすれば長持ちするとはいえ3年間はなかなかスゴイ長持ちっぷりではありませんか?

こんなに長持ちだとフライパンを買い替える回数が少なくて済んじゃいます。

北陸アルミニウムさん、ありがとう~。

本日のお言葉

道具も大事だけれどまずは正しい使い方

タイトルとURLをコピーしました