本のこと

本のこと

「草の辞典」はいつまでもずっとそばにいてほしい、そんな1冊です

素敵な本と出会いました!その名は「草の辞典」。雑草とひとくくりにしていた草花たちひとつひとつに名前があり花言葉があり物語があります。「草の辞典」では身近な草花193種が紹介されているほか草花の利用法や季語なども載っており全草花好きさんにおすすめしたい1冊です。
本のこと

やるせない気分になるとついつい種田山頭火の句集に手が伸びてしまいます

どんづまるというのか凹むというのか気分が下りのエレベーターな時、皆さんはどのような方法で気分転換をしますか?私は目下のところ種田山頭火の俳句をパラパラ読む日々です。景色や匂いや音や温度を感じる山頭火の自由ですこし寂しい俳句に癒されています。
2020.03.04
本のこと

「愛されすぎたぬいぐるみたち」の表紙を見るだけで涙が出ちゃう

「愛されすぎたぬいぐるみたち」という写真集があります。持ち主たちのぬいぐるみへの愛や年月がぬいぐるみの容姿を変えてしまっているけれど、だからこそより愛おしいぬいぐるみたちの姿が写っています。我が家にも家族同様のぬいぐるみがいるので物凄く共感できます。・・・泣かずに読める自信がまったくありません。
2020.06.21
本のこと

「風の谷のナウシカ」原作漫画を夏休みの課題図書にして欲しかったなぁ

ナウシカの映画と原作漫画について話しています。特に原作漫画は一読の価値あり。読んでみて好きでも嫌いでもいいので、ナウシカの本当の世界をご覧あれ。
2019.11.30