サンタクロースの卒業を子供に伝える方法またはサンタクロースの正体の伝え方

季節の行事のこと
スポンサーリンク

*本日の内容にはサンタクロースの正体というデリケートなことが書かれています。大人向けの内容です。10歳未満の方は特にご遠慮下さいますようお願いいたします。

スポンサーリンク

いつまでもサンタクロースは本当にいると信じていてね

クリスマス目前。
全国のサンタクロースの皆様、準備はよろしいですか?
くれぐれも身バレにはご注意下さいね。
特にお子さんをお持ちのパパサンタ・ママサンタさんは気をつけて。
25日の朝を無事に迎えるまではオスカー俳優・女優の気分で臨みましょう。

あぁそれにしても懐かしいな。
子供達のサンタさんを夫婦でしていた時代。

親サンタの苦労と喜び

「本当にサンタクロースはいるの?」
「いるよ。子供は会えないけれどね。」
「うちには煙突がないけれどサンタクロースは来てくれるかな?」
「大丈夫、必ず来るよ。」

きっと今年もこのような会話をしているちびっ子やパパママさんたちがいるのでしょうね。
うらやましいです。懐かしいです。戻りたいです。

本当にクリスマスやサンタクロースを楽しめるのは子供が小さい時だけですよ。←個人的な感想です

そりゃあママになるまでには背の高いサンタクロースや何やかや数人のサンタクロースがいたこともなくはないですが。ついでに?夫もサンタクロースしてくれますが。しかし恋人や夫がサンタクロースってのはつまりはプレゼントの物々交換ですものね。もしくは愛情という名の等価交換・・・。

ところが子供へのプレゼントはなんの見返りも必要としないものです。
ただただ愛しい気持ちと一緒にプレゼントを贈る、親のお楽しみです。
25日の朝、枕元にプレゼントを見つけた時の子供たちの笑顔を見たいだけ、そしてその笑顔を見た時にミッションコンプリートとなるのです。

いくつまでサンタクロースを信じていたか?

我が家の場合、たぶん本気で信じていたのは小学校の3年生くらいまでだったと記憶しています。

だいたいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるお友達が「本当はサンタクロースってさ・・・」といらん事吹き込み始めるのが小学校に上がる頃ですが、そんな時は「可哀そうに○○君のところには来ないのか?なんでだろうね?」とかなんとか言ってお茶を濁してうやむやに会話を終了させていましたっけ。

で、サンタクロースの正体を伝えるかどうかですが。
うちは10歳を機に「サンタクロースは本当にいるけれど今年からは父がサンタクロースになります」宣言をしました。

サンタクロース卒業します

ご家庭ごとにいろいろな考え方もありますし、お子さんの性格などによっても対応が分かれるところだとは思いますが、うちは10歳でサンタクロースから卒業しました。

別に10歳にこだわりがあったわけではなく12歳でも15歳でも良かったのですがただなんとなく10歳。

あと年齢が一桁から二桁に変わったことで説明しやすかったというのもあります。

どういうことかというと「今まではサンタクロースさんがプレゼントを持ってきてくれていたけれど10歳になったら新しく生まれた赤ちゃんや小さい子供たちのところへ行ってあげて下さいするんだよ」と伝えました。

「それで今年からは父がサンタクロースするよ」と。

たぶんこの時にはお友達から聞いたりなんとなく怪しいぞとは思っていたんでしょうね。
「いいよ。もう大きくなったから本物のサンタさんは小さい子にあげるよ。」とすんなり了解してくれました。

で、この年以降は毎年父サンタが子供達とゲームを買いに行く、というのが恒例になり25日朝のあのキラキラした喜びの風景が消えたのでした

子供の成長っていつも嬉しくてちょっぴり哀しい。

今年はついに父サンタも卒業

そして今年、息子達は成人いたしました。

一応「クリスマスプレゼントどうする?」って聞いたところ「別にいらないよ」と。ただ「ケーキだけ食べたい」と。
親の経済状態をおもんばかってくれたのか?
それとも本当にもう大人になったということか?

そっかぁ・・・そうだよね。

ついに我が家のクリスマスからサンタクロースさんが卒業します。

追記

2019年令和元年初のクリスマスを迎えるにあたりぶつぶつ?くどくど?「クリスマスと息子たち・その後」的なことを書いております
よろしければこちらも読んでみて下さいませ。
あっ今気がついたけれど↓と同じことを2年後も言ってますよ、進歩全くナシ!

本日のお言葉

息子たちよ、君たちもいつかサンタクロースになれるといいね