クリスマスには「クリスマス・カロル」を読む人、手を挙げてぇ

季節の行事のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリスマスが近づくとどうしても読んでしまう一冊

あと3日でクリスマス。
街中がキラキラする季節ですね。
これで雪が積もっていれば完璧なのだけれど・・・3日後の北陸地方は雨予報。
ついでに言えば家に暖炉もしくは薪ストーブがあればさらに良いのだけれど。

本日のお題の「クリスマス・カロル」は言わずと知れた文豪ディケンズの書いた本ですね。
私が持っている本は新潮文庫の昭和61年発効59刷のもので定価220円という年代物です

昭和61年(1986年)と言えばチェルノブイリ原発事故があったり、ドラクエが発売されたり、たけしさんのフライデー事件なんてのもあった年です。

私、今の息子達より若かったではありませんか。
いやぁ信じられないくらい遠くに来ちゃったなぁ・・・。

本題に戻りますと映画化もされているし絵本にもなっているのでご存知の方も多いとは思いますが、
クリスマス・カロルとはクリスマスも人間も信じていないし嫌いだよ、という
偏屈な主人公がクリスマスの精霊(本では幽霊)と共に過去・現在・未来のクリスマスを旅をしていくうちに
自分の人生を振り返り頑なだった自分を解放する
、というお話です。

なぜ毎年毎年30年も読み続けているのか?

何回読んでも新しい発見がある・・・わけでもないのになぜかクリスマスには「クリスマス・カロル」を読みたくなってしまうのですよねぇ。
そして必ず読み終わると一仕事終えた感にも似た安堵というか幸福というかを覚えます。
あといかにもクリスマスの伝統的な様式やごちそうが描かれていてそこもまたいいのですよ。
日本的なクリスマスではない本家のクリスマス感というか。

しかし逆に言えばクリスマス以外は全く読みません

これは条件反射というものだろうか。
読まないと落ち着かない身体になっているのだろうか。
これはもう「クリスマスにはクリスマス・カロルを読む病」と言えるのでは?

試しに1回読まない年を作ってみようか?
今年はすでに読み始めてしまったので来年以降のチャレンジ・・・。←多分忘れて来年も読む!

ところで私と同じように「クリスマスにはクリスマス・カロルを読む病」の方は意外といるのではなかろうか?
というのもエッセイやブログでもチョコチョコ拝見するのです、クリスマスにはクリスマス・カロルを読んでいるという記述。
ご同輩が全国に沢山いらっしゃると思うとなんだか嬉しいな。

今夜もあちらこちらで同じページをめくっている人がいるのですよね。

来年は新しいクリスマス・カロルを買おうと思う

ところで今年読み始めてショックだったことが。
活字が小さくて読みづらいったらありゃしない
ううう・・・ここまで老眼が進んでいたか。

まぁね30年前の文庫本だからでしょうか今と違って活字が小さいったらないのですよ。
しかし寝る前の読書は裸眼でしたい!というヘンなこだわりもあり悪戦苦闘です。

私が持っているのはあの「花子とアン」の村岡花子さんの翻訳版です。
そのせいか読んでいると吉高由里子さんの声がするような・・・。
さすがに日本語の言い回しは今の時代とは違うのですがそこがまたいいのです。

大きな活字のクリスマス・カロルも読んでみたいところではあるものの
30年以上連れ添っている手にしっくりくる古女房も捨てがたく・・・。

サンタクロースさん、私の老眼を直して下さいませ。

さぁ今夜も続きを読みますよ。

*注意
文中で「クリスマス・カロル」と書いていますが「クリスマス・キャロル」と表記されることも多いです。むしろ最近では「クリスマス・キャロル」のほうが一般的かな。

本日のお言葉

お棺に入れてもらおうかしら?