年に一度の活躍の場である年賀状印刷中に壊れたプリンター・・・

季節の行事のこと
スポンサーリンク

皆さん、私が昨日書いたブログをどうやらお天道様も読んでくれた模様です。

というのも本日は朝から風ひとつ吹かない大晴天!
年末感まるでなし、文句なし、のいわゆる大掃除日和でしたよ。
大掃除をしない理由にもはや悪天候とは言えません。

ありがたく玄関だけ大掃除をしました。

そうしたらさ天罰が当たったかの如く画像通りに「さよならだけが人生だ」なことが起こりました。

年賀状を印刷しているまさにその途中でプリンターが壊れたぁぁぁ~!

どうして家電製品というのはタイミングの悪い時に壊れるのでしょうね・・・。

スポンサーリンク

プリンターよ、壊れるなとは言わないがタイミングを考えて欲しかった

年末のただでさえ忙しい慌ただしい隙間時間を見計らってようやく年賀状の作成に着手出したその途端にプリンターが壊れました。

「プリンターが活躍するのって本当にこの時期だけだよねぇ」なんてのんきに話しながら印刷していたらさ、プリンターから異音が。

そのうちに挟まってもいないのに印紙が挟まっているよなメッセージが直しても直しても出るようになりました。

あれこれといじってみるも応答なし。

お・・・・・・。
おいいいっっなんの冗談ですか?

まだ宛名15枚しか印刷できていませんけど?
残りの宛名と裏面はどうしてくれるのだい?

1年間のうちほんの時々コピーを取ること以外は年賀状の印刷でしか使わないのに。
年賀状印刷はプリンターにとって唯一の活躍の場じゃぁないか!

いやいやこういう時は慌ててはいけない。

思いつく限りの検索ワードで調べまくり対応できそうなベルトなどの掃除も行いありとあらゆるできうる限りのことをしましたが症状改善せず、メーカーサイドももはや対応していませんな機種であることも判明。

結果・・・ご臨終

とほほ。

ある程度の年月が経つと対応してくれない家電業界

そしてこれはプリンターに限ったことではないのだけれど家電って製造年からある程度の年月が経つと修理対応不可になっていますよね。

まぁね新製品が続々と出てくるわけだし新しい製品を買う方が新機能もついてメリットが多いこともわかりますけれどね、わかりますけれど直してもらえるのなら直して使い続けたかった

いやそんなことよりも元旦には間に合わないとはいえ今すぐ必要なの

プリンターが壊れたことで我が家の温厚を絵に描いたような旦那さんがイライラしてうるさいし!

そして旦那さんは家電量販店へ旅立つのであった。

渋々?仕方なく?新しいプリンター購入

我が家がプリンターに求めることは2つのみ。

1、コピーができること
2、ハガキ印刷ができること

以上であります。

もう新機能的な最新技術的なそういったもろもろは要りません。

覚えられないし使わないと予想されますのでとことんシンプルでよろし。

とここまで書いていたら旦那さんからLINEで「買ったよ~」と。

シンプルなプリンターでお会計は替えのインクも込みでおよそ8,000円也

プリンターとしては安くて良かったけれど・・・。

年末ギリギリにきての予定外の出費がお財布に痛いのでありました。

おしまいに

「前向きに考えれば年末に壊れたのが家電で良かった。」
「家族の誰かが体調を崩したとかではなくて良かった。」
と必死に自分に言い聞かせているところです。

本日のお言葉

年賀状をやめる勇気