いつ植えたのか不明のレモンの種がちゃんと芽を出していました

園芸のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

始まりは一杯のレモン酎ハイ

今朝ミントの鉢植えの中にいかにも生まれたてです!という可愛らしい芽を4本発見しました。
はて?ここに何か植えていたっけ・・・。
ちゃんと名札を作って種を植えていればこんなことにはならないのですが、そこは適当ガーデナーの私。
気の向くままに庭や植木のあちこちに種を植えています・・・というか埋めています。

今まで庭に埋めてきたもの。
・スイカ:すぐ芽が出る、小さな実も生ったがいかにも不味そうで観賞用として楽しむ。
・カボチャ:すぐ芽が出る、スイカ同様に観賞用として眺めて終わり。
・さくらんぼ:何百粒とまいてみたがアリ一族が喜んだだけで一度も芽が出ず。
・最初から芽の出たジャガイモ:花が見たくて植えるが花を見過ごし3年、毎年芽が出て葉が茂っている。
・ピーマンとしし唐:すぐ芽が出る、実ができたので収穫して食べた。
・ニンニク:毎年芽が出る、害虫除けとしてバラのそばに植えているが効果のほどは不明
・本柚子:ユズは実がなるまで18年という歌があるが芽が出てから7~8年、まだまだ小さいまま枯れず育たず。
・かりん:ご近所さんから実をいただいてかりん酒を作った時の種を去年埋める、いまだ土のまま。

そして本題のミントの植木鉢にはレモンの種を埋めていたのでした。
お正月過ぎ頃、旦那さんのリクエストでスーパーで買った国産レモン
いつもは手軽なレモン果汁で作るのですが、たまには本物のレモンの輪切りを浮かべて飲みたい気分だったらしく2個買ったのでした。

いつもなら適当に庭のどこかに埋めるのですが雪が積もっていたので、鉢植えの中にグイッと押し込んでおいたあの時の種から2㎝ほどの芽が伸びています。

レモンは寒がり

以前、庭にレモンのなる木があったら毎日食べ放題だわ、パラダイスだわ、と苗木を植えたことがあるのです。
しかしここは北陸地方。
当たり前ですがインド原産のレモンには冬が辛すぎたようであまり育ちませんでした。
さらに途中でそのことに気がついて鉢植えにしようとした際に根切りを上手にできず、結果的に枯らしてしまいました。
最初から鉢植えにして冬は室内に入れてあげれば良かった、ごめんよ。

ちなみにレモンの収穫がしたいのなら種から育てるより、接ぎ木してある苗から育てるのが一般的です。

レモンの育て方について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

種からだと実がなる可能性はだいぶ低そうですけど、あのつやつやの葉っぱを見ているだけで満足です。
それに葉っぱもすばらしくレモンの香りがしますしね。

ところでレモンの皮を食べましょう

焼酎に入れたり、唐揚げやフライに添えたり、レモンの活躍の場は広いですが、皮が残る。
しかしレモンの皮は苦い。

けれどレモンに限らず柑橘類は皮にこそ栄養があるのですよね。

ビタミンCは果実より皮に多く含まれていますし、整腸作用や風邪予防、美肌効果にダイエット効果、さらには免疫力の向上に動脈硬化の予防まで。
ここでは紹介しきれないくらいのパワーを秘めているのがレモンの皮です。

塩レモンにしたり、レモンの皮のマーマレードにしたり、そのまま細かく刻んで野菜と和えたり、自分の食べやすい方法で皮ごといただきましょう。

できれば国産が安心です

皮までいただくとなると心配なのが安全性です。
外国産のレモンには輸送期間中に傷まないためにポストハーベストという防腐・防カビ剤が使われています。(使用していない外国産レモンもあります)

産地や農薬を確認した上で美味しく丸ごといただきましょう。

自家製レモンであればもっとも安心できますが、今2㎝のちびレモンの芽が実をつけるまで何十年かかるやら。
気長にゆる~りと育てます。