土鍋についたコゲを爪で取るのは超危険!!土鍋のコゲは重曹でスルンと落ちるんです

台所用品
スポンサーリンク

土鍋が好きだぁ~

土鍋が好きであります
土鍋の佇まいが好き。調理器具でありながら優れた器にもなる土鍋が好き。いつもの料理でも土鍋を使うと料理の完成度が高くなるのが好き。

土鍋の収納スぺースと予算がもっとあれば新しい土鍋をいつでも買いたいのですが・・・。

ちなみに現在4人暮らしの我が家には土鍋が10個あります。

1、鍋焼きうどんやシチュー・カレー・グラタンの時などに活躍する小さめの6号土鍋が4個
2、鍋ものやおでんの時などに登場する大きい11号土鍋が2個
3、お味噌汁や煮込みはこの土鍋で作るだけで美味しいという土鍋が2個
4、遠赤外線の効果で焼きイモなどが作れる土鍋が1個
5、目止めが上手にできなくて鍋としてはイマイチだけど器として美しい土鍋が1個
6、昔からある8号土鍋が1個

もう十分じゃない?とは思わないでもないがまだまだ使ってみたい憧れの土鍋がいくつもあるのです。

ところで私が「土鍋が欲しいなぁ」と言うと旦那さんは「買えば?」といつも答えてくれます。「鍋なんて安いでしょ」とも言ってます。甘い!あまちゃんだぞ、旦那さんよ。確かにブランド物のなにかよりはお安いですが「いい土鍋はお値段もご立派」ですのよ。ウン万円とかざらにあるのです。

そのうちまたコッソリ買います。

土鍋のサイズ

ところで皆様は土鍋のサイズはご存知ですか?
土鍋は号数で表されているので買う時に迷うところです。そこで大体の目安を載せておきますね。

・5号 1人用 口径(取っ手部分を入れない直径)15㎝前後 450ccほど
・6号 1~人2用 口径18㎝前後 900ccほど
・7号 2~3人用 口径21㎝前後 1500ccほど
・8号 3~4人用 口径24㎝前後 2200ccほど
・9号 4~5人用 口径27㎝前後 3200ccほど
・10号 5~6人用 口径28~30㎝前後 4000ccほど
・11号 6~7人用 口径31~33㎝前後 6000ccほど

こうして見てみるといかに我が家が大喰らいかがわかります、4人家族で11号って・・・。

やっと本題、土鍋の唯一の弱点は焦げつきやすいことです

土鍋は金属製の鍋に比べて温まるまで時間がかかりますが、いちど温まるといつまでも冷めにくい抜群の保温性が特徴です。

特にしめのおじややうどんなどを作る時は火加減にどんなに気をつけて作っても、完成後に卓上コンロの火を止めてからしばらくはグツグツのグラグラです。すると鍋の底には香ばしいを通り越したガチガチの焦げつきが。

鍋のコゲを洗ったことがある方ならおわかりでしょうが本当に取れませんよね、コゲ。

1、スポンジでゴシゴシしてもスポンジが汚れるだけ
2、たわしでゴシゴシするとたわしがくじける
3、硬いもの(使い古したカードなど)でこそげ取ろうとしてもそうキレイには取れない
4、スチールたわしやクレンザーなどでこすると大事な土鍋が傷つく恐れ

そして最後の手段というかついやってしまうのが「爪」で取ろうと試みること・・・。しかしこれは危険です。非常に危険です。下手をするとコゲのかけらが爪と指肉の間に突き刺さります。サクッとザクリと刺さります。痛い痛い痛いこれは痛い!!!地味なくせに激痛です。(過去に何回か経験のある馬鹿者が言うのです、信じて)おすすめできません。

重曹を使うとあんなに頑固なコゲはどこへ行った状態になります

土鍋を愛しているのに土鍋を使うたびに江戸時代の拷問(取り調べの際に爪の間に竹串を・・・と私の愛読書「鬼平犯科帳」に度々書かれています)のような痛みを味わいたくない!そこでここ最近は重曹のお世話になっています。

コゲを落とす方法は簡単で土鍋の8分目ほど水を入れてそこに重曹を小さじ1程度入れ10分煮るだけです。土鍋が冷めてから洗うとあれほど頑固だったコゲが浮いている&軽くこするだけでスルンと落ちるのであります。しかも重曹には消臭効果もあるので臭いまでなくなります。

ということで最近は土鍋使用後のストレス0!

もしもこれから土鍋の購入を考えている方がいらっしゃいましたら重曹もお忘れなく。

今夜も土鍋に登場してもらって何か作りまぁす。←まだメニュー全く考えていません

本日のお言葉

土鍋のような女性に私はなりたい

タイトルとURLをコピーしました