帝王切開による出産で傷ついているお母さんたちへ・・・経験者の私が願うこと

妊婦のお腹に手でハート息子たち

最近Twitterで若いお母さんたちと交流する機会が増えました。
自分の娘くらいのお母さんたちがまぶしいお年頃でございます。

そんな中で気になるツイートをたびたび目にします。

いわく「帝王切開で産んでごめんね」「傷跡を見るたびに申し訳なくなる」etc.

自分の出産から20年以上も立つけれどいまだにこの問題はお母さんたちを悩ませているのか!

そこで老婆心(この言葉きらい)ながら帝王切開経験者のおばちゃんがもの申す。

スポンサーリンク

私自身の帝王切開のこと

ブログ内でも時々いっている通り私は双子のお母さんであります。

ということで出産については相談など一切なく最初から「帝王切開ね」と決められておりました。

*双子でも普通分娩をされるお母さんもいます。

ただ私の場合は双子それぞれの頭の位置が違ったために(太鼓の模様みたいな感じ)有無をいわさず帝王切開。

周りに帝王切開の経験者もいない、ネットもない時代なので情報もない、そしてビキニを着る予定もなかった私は「あぁそうか。帝王切開ね。陣痛の痛みを味わわなくてすむならラッキー」ぐらいのお気楽な感じで受け止めたのでした。

では実際に帝王切開の手術後はどうだったのか?

・・・それはもう術後の痛みに悶絶したわけで出産翌日にすたすた歩く普通分娩のお母さんを見ては「いいなぁ」なんてうらやましく思ったことよ。

しかも子供に授乳するたびに傷跡(内臓も含む)に激痛が走る!

そんな思いをしながら授乳した息子たちには後になって「母乳がマズかった」といわれるしさ

あの時の痛みをどうしてくれようかといまになって怒りがこみあげてきたりしています。

なぜお母さんたちは帝王切開出産で傷つくのか?


なぜ帝王切開で出産すると体だけではなく心まで傷つかなくてはいけないのでしょうか?

昔も今も「帝王切開で出産した」といいづらい雰囲気があるのはなぜなのでしょうね?

皆さまも知っての通り、帝王切開だろうが普通分娩だろうが女性が自分の命をかけて子供を産んでいることに違いはない。

違いがないのにもかかわらず帝王切開というだけでちょっと違う出産した人扱いされる不可思議よ。

ただでさえ出産で体も心も疲れ切っているお母さんたち。

それなのに帝王切開という理由だけで二重三重に傷つけるの本当にもうやめてあげて!

子育てに支障が出たらどうしてくれるのだ。

お母さんたちが傷つく理由1 帝王切開での出産

多くの現役お母さんたちが帝王切開での出産に傷ついています。

傷ついているだけではなく罪悪感さえ感じています。

ツイッター上にはお母さんたちの悲痛な声が。

このツイートをしているかりんとさんとは帝王切開がご縁で仲良くしていただいているのだけれど私は本当に驚いた!

いまでも帝王切開の出産が多くのお母さんたちを悩ませているとういう事実に!!

出産業界って20年やそこらじゃ価値観が変わらないものなのね。

このような思いをお母さんたちにさせているものの正体はなんだろう?

それとも帝王切開をしたお母さんたちが勝手に思い込んでいるだけなの?

という思いが今回の記事を書こうと思ったいちばんの動機です。

お母さんたちが傷つく理由2 傷跡


帝王切開後にお母さんたちを悩ませる理由のふたつめがお腹の傷跡です。

手術前に医師から説明があるとはいうものの傷が自分のお腹に刻まれているのを見た時のかなしさ。

ガーゼの下を初めて見た時の絶望感。

いまは医療用ホッチキスが多いのかもしれませんが私の時は医師の手縫いでありましてそりゃもう傷口がガタガタ。

傷口を見た実母が「ねぇ。よっぽど不器用な人だったんじゃない?」といったほどのガタガタというかザクザク縫いでした。

おのれ~。
私の腹を縫ったお医者め~。←といいつつ顔も名前も忘れました

抜糸後半年もするとケロイド状になってきたのですがそうしたら今度はかゆい。

術後1~2年くらいの間は痛くはないけれど違和感が常にありましたよ。

着替えるたび、入浴のたび、傷跡をみるのは切ないものです。

なお先ほどご紹介したかりんとさんがご自身の傷跡を勇気をもって公開しているので同じ悩みを持つお母さんたちにはぜひ読んでいただきたい!

傷跡は時間とともに徐々に薄くなっていきますがそれまでには数年かかりますし薄くなっても完全には消えません。(体質などにより個人差があります)

もっともその頃になると慣れと年を取ることで性格が強くなっているのでそれほど(まったく)気にならなくなるけどね。

お母さんたちが傷つく理由3 都市伝説

ネット上には帝王切開にまつわるさまざまな怪しげな都市伝説があふれています。

1、母体からもたらされる腸内細菌が少ない
2、アレルギーや喘息を患いやすい
3、帝王切開で生まれた赤ちゃんは体が弱い
4、産道を通らないので頭(頭位)が大きい
5、産道を通らないので落ち着きがない

1,2,3については小児期の病気に関連する明確な証拠がないのが現状です。

4,5にいたってはあきれちゃうレベルのお話です。

赤ちゃんの頭の形は出産よりも寝かせ方のほうが影響するといわれています。(これも噂?)

落ち着きがないのは性格や育て方の影響なんではなかろうか。

今回調べた中で唯一都市伝説ではないのがこちら。

帝王出産で生まれた子供は呼吸障害を起こしやすい

経膣分娩では、肺の羊水は狭い産道を通ってくる過程で外に搾り出されることが多いのですが、帝王切開はいきなり外に出てくるので、肺に羊水が溜まったままであることが多く、そのために呼吸障害を起こしやすいので、生後約1日は保育器内で経過観察します。もし起こったとしても1~3日で軽快する、予後良好な呼吸障害であることがほとんどですが、重症な場合はこども病院等へ新生児搬送になることがあります。
出典元:医療法人社団吉徳会 あさぎり病院「産科案内/帝王切開について」

根拠のない都市伝説が世の中から消えることを願うばかりです。

帝王切開出産最大のメリット!


体も心も傷ついているお母さんたちに声を大にしていいたい!

子供が大きくなったらかならず聞いてくるあの質問の時に帝王切開のほうが明確に答えられますよ~と。

ほらあれです。

「ねぇ子供はどこから生まれるの?」というあの質問です。

私も息子たちが幼稚園の頃、本当に聞かれました。

その頃はまだ一緒にお風呂に入っていたので「ココ!」と傷跡を指さしたら「あっそうか」と納得してもらえましたよ。

唯一にして最大限に傷跡が利用できた思い出です。

いやだって本当のことだもの。

通常はどこから生まれてくるかなんてそのうち保健体育の時間に習うもの。

我が家の真実ですからその時が来たら堂々と「ココ!」しましょう。

おしまいに

帝王切開への変な偏見や都市伝説が消えるといいなぁ。
悩んだり悲しんだりしているお母さんたちがいなくなるといいなぁ。

どのような産み方であれ大切なのは生まれてからです!

本日のお言葉

帝王切開の傷が隠れるくらいの腹肉のほうが悩み

タイトルとURLをコピーしました