年末年始だけで食費がいつもより4~5万円増の原因は食べ過ぎ?母の手抜き?

食べ物のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

年末年始にはごちそうを・・・

あと5日後にはクリスマス、あと11日後には大みそか。
切羽詰まってきた今日この頃、皆さまご機嫌いかがですか?

年末へ向けてやらなければならない、というかちょいちょいやっておいたほうがいいことをやらずにこうしてブログ書いてます。

それにしても今年の冬は今のところ暖かくてちっとも年末感がありません。
ここ北国・新潟も1度がけお義理に雪がパラリとした程度でその後はただただドン曇りか雨の日々。
苦しい家計からおニューの冬タイヤを買った意味・・・。

ただでさえこれから年末年始で家計が痩せるというのに。
家計に変わって私が痩せたいよ!!
しかし1mmだって痩せない現実の厳しさよ。

年末年始というだけで本当にお金が、諭吉が、英世が、サヨウナラしていきますね
それもすごい勢いで。
来るまでにはものすごい時間がかかるのに去るのは一瞬だ

ご家庭によって年末年始に旅行に行かれたりご実家に帰られたり日帰りのレジャーに行かれたりと様々あるでしょうが我が家の年末年始はいってみれば飲み食い一本勝負!です。

子供たちも大きくなって親子のつきあい方もさっぱりしたもんです。
大人だけの家庭になるとこんなものかしら?
旦那さんのお仕事上、年末年始中にもお仕事がある関係でひたすら家!飲む!食う!な感じです。

あっ今書いていて「これじゃぁ永遠に痩せないよな」と気がつきました、私。

それもあって年末年始の食事はいわばレジャーでありお楽しみ~なのです。

旦那さんや息子さんたちは「今年もアレ食べる?」とか「アレ頼んだ?」とかとても楽しみにしているご様子。

その気持ちもわかるしご期待にも十分応えてあげたい。
だが
だが
だがしかしやりくり大変なのよ~~~

普段の食費に加わってくる年末年始の食費の破壊力・・・。
あな恐ろしや。

いつもの食費はこれくらい

ところで年末年始以外の1か月の食費は皆さまおいくらくらいでやりくりされていますか?

年収や家族構成、住んでいる場所によりまったく違ってくるものなのでしょうけれど。

ちなみに総務省統計局が公表している「家計調査結果」の2018年度が以下の金額です。

世帯人数/食費平均月額(円)*外食費や酒代は含まず
・単身/27,669円
・2人/42,669円
・3人/57,669円
4人/72.669円
・5人/87,669円

我が家の場合もだいたいこんなくらいです、たぶん⁉
(家計簿をつけていないのでたぶんとしかいえない・・・。)

ただし外食費やお酒代が加わるとするとさらにプラスか。

とはいえ統計の数字はあくまでも平均値というか参考値です。
食事の好みやメニュー、食材の購入先などでいくらでも変動しそうですもん。

年末年始に食費が激増する理由

先ほどお伝えしたように家族で揃ってごちそうを食べることがささやかな年末年始のお楽しみであります。

そりゃあさ、お贅沢に豪華にしようとすればいくらでもできる(その逆にお安くもできる)のでありますが旦那さんと息子さんたちのリクエストとお財布のギリギリの攻防戦と申しましょうか、ほどよき着地点と申しましょうか、のあたりで手を打っています。

結果、年末年始の食費はいつもの食費+4~5万円です。

はぁ~。

クリスマス

クリスマス、今年も牛タンにしました。
もはやクリスマスっぽくもなんともありませんね。
定番化の予感・・・。

お正月・おせち

おせちはいつも決まったところからお取り寄せしています。

ぐるなびが「おせち・ギフトに関するアンケート」(2017年9月)を行ったところ

・取り寄せ派  30%
・一部手作り派 55%
・完全手作り派 15%

という結果が出ています。

皆さま一部または完全に手作りされているのですね。

私は実家もお取り寄せ派でしたのでガチガチの「おせちはプロに作っていただく派」です。

お恥ずかしながらチラッとでも「作ってみようかな?」と思ったこともなかったりして。
でも黒豆の煮豆だけはおせち関係なくいつも作っています。←ただ好物なだけ

お正月休み・中食やデリバリー

クリスマスから年末、新年の三が日辺りまでいつもよりちょびっとごちそうDayが続くとさすがに飽きてくるというか疲れてくるというかゴハンの支度したくなくなるというか。

「あぁ思いきりジャンキーなものが食べたい」とかつぶやいちゃったりして。

で、ファストフードやデリバリーのお世話になるのですがこれも結構バカにならないお金がかかります。

よく食べる大人4人分×数回利用=ひゃぁ~ってなる

じゃぁちゃんと自分で作りなさい!ってだけのお話なのですが・・・。

おしまいに

はっきり申し上げて年末年始休みっていうけれどちっとも休みじゃないお母さん業(妻業)。
むしろ普段より忙しいですよね。
朝から晩までずっと「食べ物のこと」ばかり考えているような日々。(ウチだけ?)

いつもよりちょびっとだけど・・・ごちそう食べて乗り切るぞ!という決意とともに今回はお開きにいたしたく存じます。

本日のお言葉

年を取るほどおせちが好きになる

タイトルとURLをコピーしました