くしゃみは遠慮がちにしちゃダメ!思い切りしてもダメ!どうすりゃいいのさ?

カラダのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

くしゃみを正しくする方法?

今日のyahooトピックスにこんな記事が載っていました。

要約すると「くしゃみをする時に鼻や口を覆って抑えめにすると喉の裂傷や鼓膜の損傷、脳血管の破裂などを引き起こす可能性があるという報告がされた」というのです。

ひ~っ恐ろしや。ちょうど今は風邪やインフルエンザの真っ盛り・・・日本中で今この時もくしゃみをしている方がいるというのに。しかしながら家の中ならまだしも外でくしゃみをする時にはやはり鼻や口を手やハンカチで覆ってからするというのはマナー上いたしかたないかと。

抑え方の程度の問題かしら?ギューッと抑えるなということ?

タイミングよくマスクをかけている時ならいいけれどもそれ以外は反射的に抑えてしまいますよね。

くしゃみとは?

そもそもくしゃみとはどんなものなのでしょうか?

くしゃみとは呼吸器の防御反応のことで空気が華や口から激しく出ることを言います。

激しくには諸説あり、くしゃみの時速は新幹線並みだというものから成人男性の全速力走程度というものまであります。いずれにしても相当なスピードであることは間違いないようですが。

くしゃみのコワさ

ところでたかがくしゃみとあなどるなかれ。我が家の旦那さんはくしゃみをしてぎっくり腰になりました・・・しかも椅子に座っていたのに。

かく言う私も出産後1か月くらいの時にくしゃみをした途端お腹からプツッという音が・・・。帝王切開の手術跡がほんの数ミリ程度ではありますが裂けました。よりによってくしゃみで一番力が入るところに縫い目があったゆえの悲劇。裂け目は自然に自力(自肉)でふさがったからよかったものの、くしゃみ一発の破壊力とは恐ろしいということを身を持って実感しましたよ。

その他にも骨が弱くなっている高齢の方がくしゃみが原因で肋骨を骨折してしまうとか、旦那さんのようにぎっくり腰を発症してしまうとか、鼻や耳などの疾病の原因になる可能性もあるなど本当にくしゃみとはあなどれないヤツ?なのであります。

ところでやはりくしゃみ対策にはマスクが有効なようですね。

マスクをかけることで適度な加湿と刺激物の遮断によりくしゃみが出にくくなる、それからくしゃみが出た際に周りの人たちに感染させたり迷惑をかけずにすみます。なにより無理な抑え込みをせずに思い切りくしゃみをしないいと冒頭のような恐ろしいことが起きる可能性がありますもの。

ただいかんせんマスクはかけなれないと息苦しい&具合が悪くもないのに熱っぽくなるような気がして個人的にはやや苦手ではありますが、んなこたぁ言ってられないですね。

ところでくしゃみの最初の音問題

以前テレビである俳優さんが「女の子はくしゃみをする時にへくしょんではなくではくしょんと言って欲しい」という発言をされていましたっけ。「なんでよ」と思わなくもないけれどそれ以来くしゃみをする度に思い出してしまいます。

今これを読んでいる女性の皆さん、くしゃみは「は」から?それとも「へ」から?

ちなみに私はその時々で違います。カトちゃん式に「へっくしょい」の時もあればハクション大魔王式に「はくしょん」の時もあり、ついでにまったく声を出さない空気音のみのサイレント式の時もあります

まぁくしゃみの発音?というのかは無意識の習慣ですからね、いきなり次のくしゃみから変えるというのも難しそうです。

とにもかくにもくしゃみをする時には身体の他の部分が壊れないようにしたいものです。

本日のお言葉

くしゃみ1回は褒められている2回はけなされている3回は惚れられている
4回以上は風邪っていうけどもどうなの?